お知らせ&ブログ

倒産防止共済は節税になりますか?

もうすぐ年末。
そしてあっという間に新年。
そして、あっという間もなく、個人事業者化確定申告に突入です。
今年の所得はどのくらいでしょうか?
税金の多さに、頭を抱えている方はいらっしゃいませんか?
節税対策は大丈夫ですか。

節税はいろいろな方法がありますが、その一つとして、預金代わりに使えて節税になるもの、ご存知でしょうか。
法人の場合は、倒産防止共済(セーフティ共済)の利用が便利です。

セーフティ共済とは、
毎月一定額を積み立てるもので、もし取引先が倒産し、売掛金などの回収が難しくなった場合に、掛金総額の10倍の範囲で貸付を受けることができる制度です。

毎月の掛け金額は5,000円~200,000円の範囲。
この掛け金ですが、なんと全額損金算入できるのです。
掛け金が20万円だとすると年間240万円を損金とすることができます。
さらに、この共済は任意に解約することができ、40か月を過ぎると
任意解約の場合でも全額掛け金が戻ってきます。

もっとも共済掛け金を毎年の損金で処理していた場合、
解約金は収益となるので、税金を減らすというよりも
利益の繰延というのが正確なところです。

何だ結局あまりうまみはないじゃないかいうわけではなく、当座の節税対策にはなりますし、いざという時の資金繰りにも役立ちますね。

この場合掛け金は「保険料」などの科目で損金処理しますが、セーフティ共済は解約金の戻り率が高いことから損金処理ではなく「保険積立金」というように資産として認識する処理も可能です。
この場合は節税効果はありません。ただし将来の資金繰りに役立つという点は同じです。

上記どちらの処理を行うにしても、法人税の申告上は、必要書類(別表10(9) )に記載する必要があります。

5日間無料メールセミナー
「不動産投資の落とし穴 絶対見逃せない会計税務のポイント!」 
お申し込みはこちらから


メールセミナー
Eメール  
お名前(姓)  
倒産防止共済(セーフティ共済)を使った節税

いきなりですが、節税対策どうしていらっしゃいますか。
預金代わりに使えて節税になるもの、ご存知でしょうか。
倒産防止共済(セーフティ共済)の利用です。
セーフティ共済とは、
毎月一定額を積み立てるもので、
もし取引先が倒産し、売掛金などの回収が難しくなった場合に、
掛金総額の10倍の範囲で貸付を受けることができる制度です。
毎月の掛け金額は5,000円~200,000円の範囲。
この掛け金ですが、なんと全額損金算入できるのです。
掛け金が20万円だとすると年間240万円を損金とすることができます。
さらに、この共済は任意に解約することができ、40か月を過ぎると
任意解約の場合でも全額掛け金が戻ってきます。
もっとも共済掛け金を毎年の損金で処理していた場合、
解約金は収益となるので、税金を減らすというよりも
利益の繰延というのが正確なところです。
何だ結局あまりうまみはないじゃないかいうわけではなく、
当座の節税対策にはなりますし、いざという時の資金繰りにも役立ちますね。
この場合掛け金は「保険料」などの科目で損金処理しますが、
セーフティ共済は解約金の戻り率が高いことから損金処理ではなく
「保険積立金」というように資産として認識する処理も可能です。
この場合は節税効果はありません。ただし将来の資金繰りに役立つ
という点は同じです。
上記どちらの処理を行うにしても、法人税の申告上は
必要書類(別表10(9) )に記載する必要があります。

5日間無料メールセミナー
「不動産投資の落とし穴 絶対見逃せない会計税務のポイント!」 
お申し込みはこちらから


メールセミナー
Eメール  
お名前(姓)  
法人化判定シートのダウンロードお申込はこちら
メディア取材等詳細はこちら

現役税理士による最新情報満載!無料メールセミナー「不動産投資の基礎知識」