お知らせ&ブログ

固定資産税の計算における、固定資産税評価額と課税標準額

固定資産税は、その年の1月1日時点の固定資産の所有者に課税される税金です。
そろそろお手元に納税通知書が届いているころではないでしょうか。
この固定資産税、自分で申告するのではなく、課税庁(市町村)が税額を計算し、通知書を送ってきます。

固定資産税の計算は、固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税率)です。
標準税率は1.4%ですが、市町村により異なります。

良くわからないのが「課税標準額」。

この課税標準額とは、建物の場合は固定資産税評価額と同じです。
固定資産税評価額は、総務大臣が定めた固定資産評価基準にもとづき算定されます。

建物を新築した場合、市町村から資料を要求されたり、担当者が現場確認に来たりしますね。
あれは固定資産の評価のためなのです。

ただこの固定資産の評価はかなりまちまちで、本当にその評価が正しいのかどうかについては必ずしも保証できるものではないと言えます。
特に建物に関して、税額が高いと思った場合には確認してみる方が良いかもしれません。

土地の場合は、固定資産税評価額とK税標準額はほとんどの場合相違しています。
土地に関しては、軽減措置や負担調整率で調整が入るため、固定資産税評価額よろ課税標準額が低くなる場合がほとんどです。

法人化判定シートのダウンロードお申込はこちら
メディア取材等詳細はこちら

現役税理士による最新情報満載!無料メールセミナー「不動産投資の基礎知識」