お知らせ&ブログ

キャッシュフローを生み出すには、物件取得初年度の処理が大事

確定申告の準備進んでいますか?

今年物件購入された方、購入年度の処理が大事ですよ!
ここで失敗すると、その後のキャッシュフローに影響が出ます!
何を資産の取得価格に計上しなければならないのか。
何を経費処理しなければならないのか。
建物と附属設備に分けて計上できるのか。
あるいは分けて計上した方がよいのか。
契約書に売買金額の総額の記載しかないとき、
土地と建物の取得価格の金額はどうやって決めるのか。
考えなければなりません。

早くに償却できるのが一番良いと必ずしも言えません。

それはなぜか。

考えてみてください。

5日間無料メールセミナー
「不動産投資の落とし穴 絶対見逃せない会計税務のポイント!」 
お申し込みはこちらから


メールセミナー
Eメール  
お名前(姓)  
法人化判定シートのダウンロードお申込はこちら
メディア取材等詳細はこちら

現役税理士による最新情報満載!無料メールセミナー「不動産投資の基礎知識」